中古物件リフォーム解説サイト

この記事をシェアする

中古物件リフォームのすすめ

リフォームの概要と基本的な流れ

リフォームという英語の本来の意味は「作り直す」という意味です。
ですが、実は日本においては和製英語として改築や改装、特に内外装の改装といった意味で使われています。
みなさんもよく知るリフォームの主な例としては「雨漏りの修繕」「キッチンや浴室などの水周りの補修や取り替え」「住宅の床面積を増やして増築する」「エコガラスなどの省エネ強化」「手すりや昇降機などのバリアフリー対応」が挙げられ、最近話題の「オール電化」もリフォームの一種として含めることができます。
それでは、同じく近年よく言われる「リノベーション」とは何が異なるのかについて、次の項で見ていくことにして、それぞれの言葉の違いをおさえていきましょう。

リノベーションとの違い

では、最近耳にすることも多いかと思われる「リノベーション」と「リフォーム」は何が異なるのかについて、解説します。
「リフォーム」の場合、居住や利用に不便である、つまり「マイナス」の状態である住環境を、ゼロの状態、つまりは使用に問題ない状態まで戻すことを指して使われている言葉です。
「リノベーション」は、そこからさらに進んで、今までの使い方にプラスアルファで機能を追加したりすることを指しています。
例を挙げると、壁で区切られていたリビングとキッチンがあるとして、キッチンの機能を回復させることなら「リフォーム」で、リビングとキッチンの壁を取り払ってリビングダイニングキッチンにすることを「リノベーション」として表現できます。



PAGE
TOP